日本画の保存・修復の研究助成等について

【平成25年度助成対象者】

研究者 所属大学院名 職名等 研究課題
宇高 健太郎 東京藝術大学大学院 専門研究員 墨及び煤、膠の研究
韓 希姃 京都市立芸術大学大学院 博士課程3年 朝鮮後期の大型仏画‘掛仏幀’の
制作技法研究

(顕彰対象研究)
石井 恭子 東京藝術大学大学院 博士課程3年 李迪筆国宝「紅白芙蓉図」についての研究
(顕彰対象研究)
文 眞英 東京藝術大学大学院 教育研究助手 総金箔地屏風絵での
表現技法の空間表現について
森田 早織 東京藝術大学大学院 博士課程3年 青蓮院所蔵国宝「不動明王二童子像」の
表現技法に関する研究
久下 有貴 東京藝術大学大学院 博士課程3年 ボストン美術館蔵「法華堂根本曼荼羅」
における作画技法の研究

(顕彰対象研究)
森本 愛子 東京藝術大学大学院 修士課程2年 『地蔵菩薩像』の截金線と金泥線の
表現効果に関する研究
安原 成美 東京藝術大学大学院 博士課程1年 国宝「松に黄燭葵図」
京都智積院蔵の復元研究

(顕彰対象研究)
山田 春歌 金沢美術工芸大学大学院 修士課程1年 日本画絵具とアクリル絵具との
併用に関する研究
金 慧印 東京藝術大学大学院 修士課程2年 現状模写というもののあるべき姿、
あり方の追求と実証

ページトップへ