日本画の保存・修復の研究助成等について

【平成26年度助成対象者】

研究者 所属大学院名 職名等 研究課題
安原 成美 東京藝術大学大学院 博士課程2年 旧祥雲寺復元研究
―国宝「松に黄燭葵図床貼付絵」を中心に―

(顕彰対象研究)
文 眞英 東京藝術大学大学院 教育研究助手 総金箔地屏風絵での表現技法の再解釈
による現代の空間表現について
向井 大祐 東京藝術大学大学院 博士課程1年 浮世絵における肉筆画の創作表現の研究
鷹濱 春奈 東京藝術大学大学院 博士課程1年 縮図からの原画復元についての研究
鄭 慧善 東京藝術大学大学院 修士課程2年 孔雀明王像の現状模写を通じて
彩色の研究及び装潢
宋 知恩 東京藝術大学大学院 博士課程3年 法隆寺金堂壁画における
作画技法に関する研究
斎藤 晴香 愛知県立芸術大学大学院 博士(前期)課程2年 初期狩野派彩色技法の研究
林 樹里 東京藝術大学大学院 修士課程2年 尾形光琳筆「槇楓図屏風」の
現状模写及び装潢
中川浩太朗 金沢美術工芸大学大学院 修士課程1年 次世代の日本画家に向けた
絵絹文化の周知方法の提案
菊池 円 愛知県立芸術大学大学院 博士(前期)課程2年 玄奘三蔵絵における打ち紙と
巻子仕立ての表現の復元研究

ページトップへ