理事長挨拶

理事長挨拶

私は、日本文化、特に、日本画の価値を世界に冠たる水準にあるものと信じております。この日本画の文化を後世に繋ぐためには、日本画そのものの保存・修復のみならず、技法を伝承することも重要であります。 また、日本の伝統文化を保持することと、同時に、新たな日本の文化を育むことも重要であり、その候補として、「日本映画」が、世界に対して示せる価値ある日本文化になりうると考えております。 日本文化を未来に向けて発展・維持させるために、創作者を育成することが欠かせません。そのために、それを担う育成機関である大学・大学院に対して、ささやかながら支援いたしたく財団を設立するものであります。 理事長

ページトップへ