ニュース

【2014年11月23日】文化財保存学(日本画)研究助成における平成23年度、24年度の最優秀研究が決定いたしました。

本日2014年11月23日、文化財保存学(日本画)研究助成における平成23年度、24年度の最優秀研究が決定いたしました。

顕彰対象研究は下記のとおりです。

23年度
「李迪筆国宝「紅白芙蓉図」についての研究 研究者:石井恭子」

24年度
「ボストン美術館所蔵「法華堂根本曼荼羅」における表現技法の研究 研究者:久下有貴」

ページトップへ